鴻臚館

    夏空を白線が飛ぶ鴻臚館

IMG_0883.jpg

霜月

   IMG_2726_convert_20131105092115.jpg

霜月の一日、朝5時30分。

福吉の二丈カントリへの導入路方面から東を望むと、なんと幻想的な。

下弦の月が中空に、背振山系の向こうから茜色の朝陽がまばたきの間にも明るさを

ます。手前には一晩中バイパスを照らし続けた道路照明が、眠たげに最後の輝き。

今までに経験したことのないような暑さだった、夏子と夏男は、今はどこに

隠れてしまったのか。

秋代と秋太郎の短くても、濃縮な霜月の営み。

稲刈りが終わった田んぼでは、幾千万の虫たちが厳しい冬への冬支度をしずかに、

ひっそりと、ぬかりなくはじめていることだろう。

そして、お冬と冬輔が静かに、確実にやってくる。

霜月の 下弦の夜明け いいかげん

なんてね(笑)。

2013年・平成25年夏

       IMG_2330_convert_20130901203853.jpg

ナイルとランニング中に出会った、2013夏。

元気な子供たち、兄弟か、いとこか、福吉川での水遊び。


はるかに小倉の板櫃川で川遊びしていたころを、思い出した。

ある夏の日の昼下がりです。

Good Morning !

   IMG_2072_convert_20130629112045.jpg

ホントに、”Good” な朝でした。

梅雨の谷間、毎朝通っている見慣れた風景。

雲が違い、朝陽がちがい、一瞬のときを刻む。

写真でみると、以外以外で以上以上、イージョーこれは。

田植えの終わったたんぼ、国道の向こうに漁師の集落、松林の先は玄界灘です。

FBの反応も結構いいんだは。

24時間30センチの距離に寄り添っているiphoneに感謝。

凡人のイマジネーション

100712 小倉ほか 003  
今年の夏は梅雨明けとともに、強烈に暑い。 
暑いと、頭がボーとなる。 
ボーとなった頭は、想像力と創造力に影響を与える。 
 
まったく、偶然そのとき”あの小さなコオロギ”が、そこにいなかったら。 
ただ、それだけのことでした。 
今では、間違いなく行方不明の、あのコオロギに責任転嫁するわけではないが、僕の暑さでグチュグチャになったいた俗人的想像力が、”面白いじゃん”と語りかけた。 


改めて、アングルを変えてみると、これも、結構”おもろいじゃん”。 
100712 小倉ほか 006  
やっぱ、暑さのせいだ。きっと暑さのせいだ。 100712 小倉ほか 006 でした。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる