糸島・福吉 Hファーム68 ②

Hファーム68 のBeforeを写真で残しておきます。さて、どこから手を付けたもんか?

    IMG_2109.jpg
    左側 A棟 幅5M 奥行30M    右側  B棟 幅5M 奥行25M
    時代劇映画のロケに使えそうな?雑草ファーストの世界

    IMG_2123.jpg
     ビニールハウスの内部、雑草が主役?

    IMG_2111.jpg
     農園入口からの正面。右からの枝は「クルミ」、正面の右手の高木は「栗」、
     左手は「桜」、黄色いのは甘夏、ザボン、レモン、デコポン。
     

糸島・福吉 Hファーム68

2017年/平成29年 僕たちは68歳になりました。(誕生月は5月と7月ですが)

1月に、後継者のいない耕作放棄地のビニールハウス2棟を、地元の農家の方から

借りることができました。ナイルとのランニングで、耕作していない土地を探し、

とてもいい雰囲気の場所だと持ち主を探し、交渉したのです。

最初は、野菜作りのためのビニールハウス2棟のつもりでした。

持ち主はアスパラとかイチジクを作っていた専業農家のOHさんでした。

残念でしたが、ご本人は昨年夏に亡くなり、結局直接にはおあいできませんでした。

古くから栽培してきた果樹園で、ビニールハウスのある平地から、高いところは

標高50メートルくらいの丘陵地です。

レモン、ザボン、ネーブル、だいだい、甘夏などの柑橘類、柿、栗、梅、クルミなど、

たくさんの果樹が植えられていました。柑橘類だけで50本以上あります。

南北約100メートル、東西約70メートルで、福吉川の支流「東川」の西で東に開けた

場所です。

これから、少しづつHファームの開拓と、収穫の様子をアップしておこう

と思います。

   IMG_2259.jpg
   福吉川の支流 東川の対岸から農園南側を撮影。荒れたビニールハウスが見えます。
   ビニールハウスといってもビニールは破れ、骨組みだけが残っています。


   IMG_2258.jpg
    農園の入口です。東川西岸の護岸道路から入ることができますが、昨年の夏は草ぼうぼうで、
   入ることができないくらい、荒れていました。

   
   IMG_2260.jpg
    農園の北側です。大きな杉の木は、「カラスの住み家」になっているようです。
   この森の奥が糸島から唐津に繋がる「浜玉道路の吉井インター」です。
   こんもりとした森は、「カラスの住み家」です。この森の高台からは、浜玉道路が見下ろせ、
   遠くに自宅と福吉の海を見渡せます。風の通り道で、とても気持ちのよい場所です。

借りた当初、「カラス」との戦いが大変なことになるとは思っていませんでした。

引き続き、「糸島・福吉 Hファーム68」 お楽しみに!


         
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる