スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年12月 ガレージ牡蠣小屋HATAMA

   20111122牡蠣小屋案内ポスター


糸島に引っ越して、糸島を全国区的視点で考えると、つまり「情報発信」という切り口では、

1:KBCオーガスタゴルフが開催される芥屋ゴルフ倶楽部

2:福岡市内から移転してきた「九州大学伊都キャンパス」

そして、食に関しての 3:「元祖 カキ小屋」だと思います。

カキ小屋を知らない方のために、簡単に説明しておきましょう。

「殻のついた養殖牡蠣を炭火で焼く、ふたがあいたら食べごろ、そのままでも、レモンを絞っても、ポン酢でも
、とにかくあつあつを食べる」そのためのテント小屋、それが「カキ小屋」です。

初めて食べたとき、カキのおいしさに驚いたのはもちろんですが、もうひとつ「食べ物、飲み物持ち込みOK」という漁師さんビジネスにも驚きました。

実は、実は、、、家人とともにカキ小屋で初めて焼きガキを食べたのが、福吉へ転居するきっかけだったのかもしれません。

最初はお酒を持ち込むことを知りませんでしたが、二回目からは必ず「白ワイン」と「ごはん」を持ち込むことにしていました。

前置きが長くなっていますが、新居「古民家」には結構大きい倉庫、ゲレージがついていました。そこで、秋から春にかけてのシーズンには「ガレージ牡蠣小屋」を開くことにしたのです。

一般のお客さまでなく(あたりまえか?)、ゲストを迎えて焼き牡蠣を食べ、休日をにぎやかに、楽しもうという趣向です。

まずは、その第一回を11月23日祝日に開催しました。

病院の掲示板に、参加者募集のポスターを貼って、自由に参加してもらいました。

第二回を11月27日日曜日、第三回を12月25日、この日のゲストは曼福茶屋の「愉快な仲間たち」ご一行さまでした。


  134_convert_20120119113414.jpg

  131_convert_20120119113325.jpg

  138_convert_20120119113519.jpg

  137_convert_20120119113642.jpg

  20111123カキ小屋?
病院の看護師Fさんが、作ってくれたカキ小屋記念写真です。

ガレージ牡蠣小屋は、シーズン終了の3月まで、適宜オープンする予定です。
スポンサーサイト

極肉かわの

博多から高速で1時間もかかるゴルフ場まで、どうして遠征したのか?
理由は簡単でした。めちゃくちゃ、おいしい焼肉屋があり、是非とも食べてほしいから、とのことでした。
電通九州のゴルフうんちく部?の方々からお誘いを受けて出かけてきました。
自宅に帰りついて、今日一日を振り返ると、”焼肉”が主役で、ゴルフが脇役だったような気分です。
それほど、おいしかった!!

CA3H0532かわの看板
以前は別の場所で看板もないような、小さなお店だったそうです。
今の店舗は幹線道路沿いで、駐車場も大きく、入って正面が息子さんがやってる”焼き鳥屋”で、その奥の個室が焼肉屋でした。
CA3H05330001ミノ
最初にでてきたのが、”ミノ”と”ホルモン”、こんなきれいな”ホルモン”みたことない。
”ミノ”も新鮮で、今まで食べたなかで、”あんたが一番”。ちなみに、どちらも塩とペッパーだけでいただきました。

CA3H05340001タン
”タン”と”さがり”。うーむ、ただものではないです。

CA3H05350001ロース
”ハラミ”と”ロース”。これぞ佐賀牛、やわらかくに、ジューシーで、アイムハピー!

CA3H05370001カレー
後輩がどうしても食べてほしい、といった特製カレー。焼肉にカレー!とミスマッチでは、と思ったのですが、これも絶品です。

CA3H05380001かわの記念写真
お父さんとお母さんと記念写真。いつもは結構うるさいお店だそうですが、なじみになると”いろいろ”サービスしてくれるようです。僕たちの座敷に”居座って”話にも加わってくれる気さくなご夫婦でした。
必ず、また、行きますね!!

小倉名物肉肉うどん

初めて「小倉名物肉うどん」を食べたのは、博多区千代町のベスト電器本社の近くのうどん屋さんでした。
「小倉名物」といってうたっているのですが、小倉生まれの僕はちっとも知りませんでした。
同じ小倉出身のベスト電器の当時のH社長から、教えてもらったのです。彼からも「知ってました?」と訊ねられて、それならばと食べにいったのです。
その小倉名物うどんが、より街中に2軒も(僕が知ってる限りで)できたのです。山笠の櫛田神社の近くに、「小倉名物肉肉うどん」としてオープンし、さらに博多の歓楽街中州から国体道路を天神方面にわたったところに、つい最近新しいお店がオープンしたのです。
    CA3H05090001.jpg

    CA3H05100001.jpg


◆小倉名物 肉肉うどん の特徴
1:ダシは甘めで濃い目の醤油味
2:肉肉だけに、肉にも特徴があり、はっきりいってスジ肉に近いのですが、ほかには
  ないおいしさです。
3:摺ったというよりも生姜のみじん切りがたっぷりのっていて、これが甘くて濃い目の醤油とベストマッチングです。くせになりそう。
4:青ねぎもたっぷりで、麺の替え玉(うどんからそば、そばからうどんもOK)もあります。替え玉の代わりに白ご飯もあって、ねぎ、生姜、ダシの加えて、結構人気だそうです。
5:一杯580円もリーゾナブルで、これからブームになっていきそうです。

”もりそば” のしあわせ

2010年12月31日金曜日、部屋の中は静かな大晦日がすぎていきます。家人と、ソファーで寝ているチューバッカー、窓の外は粉雪と突風で大荒れの空模様です。テレビの臨時ニュースで鳥取のスキー場でなだれがあったらしく、複数が負傷している模様と告げています。
博多に戻って20数年ぶりのマンション生活だし、しかも例年ですと年賀状制作で忙しい大晦日が、今年は忌中の挨拶を11月にしてしまったことと、二人だけの正月で、買出しも最小限にしたからです。
大晦日の予定で、鎌倉のときと違ったのが、年越しそばです。
博多での年越しそばは、”もりそば”と決めています。”もりそば”とは、”ざる”、”もり”の”もり”でなく、森修一さんが自宅で打つ本格手打ちそば、つまり”もりそば”です。森修一さんは、家人の従兄弟で、定年後に室見にある純手打蕎麦の名店多め勢で、主人田口俊英さんから直接手ほどきをうけ、今では各地の”そば打ち教室”で先生もしている名人です。
森修一さんは、そばを打つだけでなく写真もとてもお上手で、是非blogもりそばにも寄ってみてください。
   101231 001
今年のそばは、そば粉が2種類でした。
右側が、唐津の相知町(おうちちょう)でそば打ち仲間の方たちと栽培して収穫した十割そばです。相知町というのは、日本棚田百選に選ばれた蕨野(わらびの)の棚田で有名ですが、そばつくりにも適しているのでしょう。 左のそば粉は、これはすごい全国的に有名なそばの里 幌加内産の新そばでした。
   101231 005
うーむ、これは夜まで待ったら味がおちるぜよ、、、、!
と勝手な理由で、早速二人だけの”もりそばパーティ”となったのであります。
”もりそば”さんは、ありがたいことに自家製のそばつゆもつけてくれているのですが、今年は薬味のねぎもわさびも使わないで、生七味を使ってみました。オー!大正解。そばは、相知町産十割がやや細めでいくらでも食べれそうな口当たりのよさと、喉越しの爽やか感、幌加内産新そばはやや太めですが、しっかりとした腰があり、コレゾ蕎麦なり、という食感で、本当においしくいただきました。
まちろん、飲み物は焼酎の蕎麦湯割り、つまみには、これも絶品の”もりそば 特製揚げ蕎麦”。
「魚が大好きだから魚屋に生まれたかった」、の次は親戚にそばうち名人がいる、というのも幸せの条件のひとつ、と思ってしまった大晦日の午後です。
   101231 006

絶品、犬丸とり料理

CA3H0009.jpg   CA3H0011.jpg
以前、ブログで犬丸とり料理について聞いた話を紹介し、どなたか「僕を犬丸とり料理」に連れて行って、と書きました。
念ずれば、路は開ける!今夜、その伝説の「犬丸」に行ってきました。 
知り合いのお医者さんの紹介で、ある総合病院の仲間内の食事会に”おしかけ参加”させてもらいました。
上の写真左側が、その「犬丸」です。入り口は、写真のように半分以上シャッターが下ろされていて、右側の間口1メートルくらいの所からしか出入りできません。しかも、その正面には、東大寺南大門の仁王像よりも、考えようによっては激しい入場制限が掲示されていました。
食べ終わって帰りがけに写真を撮ったのですが、緊張からか「手振れ」してしまっていました。(恥ずかし)
この店の営業は、水曜・木曜・土曜日と日曜日です。営業時間のは一般が4時から7時となっていますが、はっきり「休止」となっています。九大と福岡県警は1時から9時と書いています。そして、子供はお断りです。これだけ、はっきり”差別”されると、逆に覗いてみたくもなりますわいな。

一番、肝心な料理は、これが驚くことに(予想をはるかに超えて)「やみつきになる絶品」だったのです。 
料理は、こちらの食べログ 犬丸とり料理を観てください。初めての客が、料理の写真をとれるような、雰囲気ではありません。大部屋にはビデオカメラが設置されてもいます。オー、コワ!
料理は全てコースになっていて、最初は一人に1本の、もものオイル焼きです。事前に食べログの写真から、大ぶりな味を予想していたのですが、とってもおいしく焼けていました。コレを残すと”怒られる”という同席者の忠告なのであります。ところが、激辛のソースが、今までに食べたことない絶品でした。これこそが、犬丸の真髄だと思います。僕のつたない推察では、韓国・中国・タイ・インドの香辛料に加えて、イスラムの香辛料を隠し味にしたエスニックなソースに仕上げていました。このソースを味わっただけでも、犬丸に出かけた価値がありました。(壁には、ソースは高価だから無駄に使うな、残すな、と書いてあります。)
次が、とりのから揚げですが、こちらは”からしソース”で食べます。さらに、白菜・豆腐。しいたけ・しらたき・わかめの入った本格的水炊き。白いご飯も、独特の注文の仕方があるようで、人数分を、「極極小」「極小」「小」「中」「大」「極大」「極々大」といってオーダーする仕組みになっているようです。季節的に「新米」だったようで、ご飯も”ウマカ」で、一人2000円していません。
今夜は17名で、2.5万円程度だったようです。僕と家人だけでもビール3本飲んでですよ。単純に割り算すると一人1500円程度なのです。ホント!うそみたいな値段でした。そして、はちきれんばかりに腹いっぱいになってしまいました。
いつ頃からあるのか、壁には九大医学部の体育部の写真が多数掲示されて、教授と学生、部のOBと現役生が、安くておいしく、しかも栄養のあるとり料理を”秘かに大事に伝統として守っている”という印象でした。
あの歴史的「フィリーメイスン」にあやかって、「チキン・ドッグ・サークル」なんて常連客を名付けてみたりして。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。