スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡城祈念櫓

ナイルを糸島の自宅からクルマでの通勤途中に義母のマンションに届けた日は、

ヒル頃にトイレ散歩に付き合います。すぐ横が福岡城址なので、

春夏秋冬、季節を感じることのできる貴重な時間です。

まず、2013年3月31日、鴻臚館横の球技場から二の丸をパシャ。

見事に桜が満開でした。

    IMG_1629.jpg


2015年1月の散歩中に、なんだろ?と近寄って読んでみました。

福岡城をよりよくするために、有識者の先生方が検討のうえ、

城をよりよく見せるために、外来植物とか、景観をジャマしている

植物を伐採、撤去するという告知版でした。

   IMG_1855.jpg IMG_1857.jpg

なるほど、確かに、祈念櫓の石垣横の「ドラセラ」は大きく成長し

祈念櫓自体が見えない状態になっていました。

2013年の桜の写真で、右手に祈念櫓と、その櫓よりも背が高く

なってしまったドラセラが写っています。

ドラセラが勝手に育ったわけでなく、誰かが植樹したことに間違い

ないでしょう。その横のヒイラギも伐採されていました。

ぐるっと城内を回ると、それは見事に大きくなった「ツツジの垣根」

も撤去されています。

  IMG_1930.jpg


  IMG_1950.jpg

  IMG_1951.jpg

  IMG_1954.jpg


江戸時代には植えられていなかった植物は、残念ですが撤去の

対象になっているようです。人間って勝手だな、なんて思いながら、

どうしても最後に1枚の写真もアップしておきます。

  IMG_1861.jpg


以前は、10以上あったブルーテントですが順次撤去されて、現在は

3個所になっているようですが、植物を撤去する前にブルーテントの

撤去もやるべきでしょう。
スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。