ウマズラの肝

以前、釣ったウマズラハギを頂いたことを書きました。(こちら)ですが、昨日は同じF君から、肝つきのウマズラハギが届きました。夕方から博多座で、市川染五郎、中村獅童たちの歌舞伎を鑑賞中に携帯に電話があり、ひょっとしてと期待していたところ、思いがけずに本当にウマズラが釣れたという連絡でした。
恥ずかしながら、「花よりだんご」思想の我が家でありまして、いそいそと帰宅し、出刃庖丁を研いで「得物」を待っておりました。
F君はプロ級のさばきで、見事に皮をむき、肝だけを残した「ウマズラハギ5連帯御一行様」が届きました。
もちろん、情報を得た時点で「うち飯」のメニュー変更を行い、メッッチャ贅沢な「ウマズラ鍋」となったのです。
こんなに見事に「はぜる」活きのいいウマズラハギは初めてです。それはそれは、身がしまっていて、プリンプリンですし、今年初めての「肝」は、マジに「筆舌に尽くし難し」美味でありました。
日曜日の夜の楽しみ「竜馬」と「イサン」を見ながら、それはそれは贅沢三昧なうちご飯となったのであります。

ウマズラ2
 やっぱ、魚は目が命、活きがいいと違います。

ウマズラ1
 本当にきれいなウマズラハギの肝です。F君のさばきはプロ級と感心しました。

ウマズラ3
 鍋で”はぜた”ウマズラの身、こんなの見たことありません。
 本当に今までで一番おいしいウマズラでした。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる