韜晦、知らなかった熟語。

    とうかい


韜晦は「とうかい」と読むそうです。

辞書を調べてみました。

「自分の才能・地位などを隠し、くらますこと。また、姿を隠すこと。行方えをくらますこと。」<岩波書店 国語辞典 第三版より>

アラカンになっても、初めて出会う熟語がある、これってどう考えたらいいのでしょう。

・若かりしころ、もっと、勉強しておけばよかった。あたりまえすぎる考え方。

・どうも最近、小説なんかで「むづかしい熟語使用」が多すぎない

・まだまだ、知らないことがいっぱいあって、面白いじゃん、楽しいじゃん。やっぱ、この志向でしょ。

社会人になって、尊敬している先輩の一人に、大阪勤務で出会った同じ会社のクリエイターU氏がいます。

先日、博多にこられて食事をご一緒したのですが、そのときも文庫本をよんでいました。

食事中に、U氏から二人の作家の名前を言われたのですが、恥ずかしながら二人とも作品を読んでいませんでした。

すると、彼は「じゃー東京にもどったら文庫送ってあげるから、読んでごらん」と送ってきたのが、垣根涼介と奥田英朗でした。

垣根涼介の「ワイルド・ソウル」のなかで「韜晦」はでてきました。

「在日ブラジル人のためだなどというたわごとは、所詮俺の韜晦だ。」

その”とうかい”が読めなかったし、漢字がわからないし、意味もわからん。

博多では、どこかの明太子のCMで「わからん、わからん」と連呼しているのがありますが、まったく「わからん、わからん」だったのです。

わからないことを知る喜び、アラカンになっても、アラナナになってもこの興味をもつことは大事だと思う。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる