豊かさとはセンスの問題だ

僕のすきなコラムに、朝日新聞木曜日朝刊の天野祐吉さん「CM天気図」があります。天野さんは、「広告批評」という雑誌の編集長を、ながく、ながくやってこられた方で、私が広告業界に入ったときから、今のような独特の「クール」感で、ちっとも年をとったと思えません。つまり、脳科学者池谷祐二先生語るところの、「いつも興味をもっている」ことの典型的な方だと思って、ひそかにではなくはっきりと尊敬しております。

今朝のコラムのタイトルは「貧乏の豊かさ」と題して、キンチョウのTVCMたんすにゴンのことを語っています。
詳しくは省略しますが、要するにロールスロイスに乗っている人は間違いなくお金持ちでしょうが、はたして「豊か」という形容詞にあたるかどうかは、まったくわからない、ということだと思います。

私は、テレビCMを直接作っているわけではないのですが、何故か「潤沢な制作費、イコール、いい作品」みたいな勘

違いが私自身にもあったように思えるのです。

そこに、天野さんのコラムです。またタイトルがすごい、「貧乏の豊かさ」です!!

この「クール」さがすごい!と尊敬しております。



これは「豊かさ」とは何ぞや、どう定義するか、ということではありますが、、、。

たかが広告、たかがコラム、と見過ぎしてしまうか、そこにSomething Newを発見するか。
同じ時間、同じものを読み、同じものを観ても、人によって受け取り方、観方がちがいます。これだから、面白いのであります。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる