映画「ナイン」、トラウマではなく。

僕はミュージカル映画に、「苦手」なトラウマがあります。
家人と出会ったころ、渋谷で「シェルブールの雨傘」を観たのです。ストーリーを追ってみていると、突然”唄”が始まり、踊りだすのです。恥ずかしながら、競争の激しかった団塊世代の末端の僕は、その時点で本物の「ミュージカル」はもちろん見たことがありません。頭で理解していることと、そのものの価値がわかり、自分の経験として取り込むことは違うと思います。つまり、ミュージカル映画は、僕にとっては、ながい間「消化不良」でしかなかったのです。
◆トニー賞5部門受賞のブロードウェイ・ミュージカル「NINE」を、夢のようなキャストを集めて「シカゴ」のロブ・マーシャルが待望の映画化!
すごいと思いました。シカゴは映画館で観て感動を覚えています。
(トラウマがいつなくなったかは、はっきり覚えていません)
出演もアカデミー賞を受賞、もしくはノミネートされた9人です。ダニエル・ディ=ルイス、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ペネロペ・クルス、マリオン・コティーチャ、ケイト・ハドソンほかです。
で、家人から映画館を出て、言われたのです。「あなた、ほとんど寝てたわよ。イビキが大きくなったらどうしょうか、ハラハラした。」どうも、「グイド、グイド!」とモテル天才映画監督に嫉妬したのかもしれませんし、「映画を観て思ったり、感じたりする、製作者の意図が小さく見えて、つまらん」ということだったのかもしれません。どこに、イビキの原因があったのかはわかりませんが、単一ではなく複合的、総合的に、僕の「脳」が興味をなくしてしまった事実は、事実として記録しておきます。ハイ!

  満点評価

ストーリー・脚本2012
演出2012
映像(美・先進・驚異)105
音楽(オリジナル・編曲・歌手)109
配役(主演・助演含む)2018
Pabaroの独断評価2012
  10068

 

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

色付きの文字
だいぶ昔になりますが、20年前?・・・・NYのブロードウェイでミュージカル“オペラ座の怪人”を観て、感動してたではありませんか!お土産もTシャツやパンフレットetc.でしたよ(^_-)-☆
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる