ストロングボーイ

にんにくの皮をむいて、お醤油につけています。調味料の「にんにく醤油」として使うことと、「醤油漬けのにんにく」として酒のつまみとして食べるためです。一度に二度美味しい、手作りだから、すごくいい!と自己満足できるものです。冷蔵庫に1年以上保存していたでしょうか、そろそろいいころと思い、瓶を開けようとしたのですが、うまく開かないのです。
ガラス瓶に鉄製のねじ蓋です。きっと、鉄分が塩分でさびて固まったしまったのでしょう。こういう場合は、我が家では「あなた」の一言で、「開け男(あけお)」の登場です。同じような場合に奥方に指名され、チャレンジの経験がある方はわかるでしょうが、最初から”ヘビー級と戦う”ようなことはしません。まず、最初はフライ級、それは布巾を巻いて、手の力が蓋によく伝わる方法から”試して”みます。ところが、あっけなく、初戦、敗退。次は、布巾を濡らして、ライト級で戦ってみます。これも、うんともすんとも、反応してくれないのです。そこで、”開け男”は、次なる方法を検討します。ふたをたたこうか、熱を加えようか。そういえば、結婚したころから「簡単に開けることができるすぐれた道具、たしか輸入物」があったことを思い出します。あれって、どこいっちゃんたんだろう。こういった場合には、すごく便利だったのに、、、。
100402ストロングボーイ 001結局、家人から「あなた」と呼び出しを受けて、約1カ月がすぎてしまいました。その間、「開け男」は、いろいろと試してみたのです。ついには「ヘビー級」と戦うくらいの覚悟で取り組んだのですが、結果はガラス瓶にひびが入り、貴重な「にんにく醤油」がもれだしてしまったのです。現在は、ステンレスのボールの中に、さあ槍でも鉄砲でももってこい、おれさまはてこでも開かないぞ、て感じで睨まれているように感じてしまいます。<br/> そこで、月曜日に天神ロフトに”びんオープナー”を探しに行ってきました。店員さんに勧められたのが、以前我が家にあったビンオープナーとは形状が全く違うものですが、たくさんあったので、安心して購入し、家に戻って秘かに「にんにく醤油大王」を空けるべく、「どうだ!」とためしました。
あれれ、、、するとビンのサイズが大きすぎて、まったく使えないのです。こんなのあり!
正直にイキサツを家人に告白した「開け男」です。 「どうしよう、しょうがないからこのまま捨てようか?」と、家人のたまわくのであります。
この場合の捨てる対象は、もちろん「にんにく醤油ビン」そのものです。
それはいかんぜよ、絶対にいかん。
万事休す、家人に尋ねてみました。
「あのさー、昔あったよね、瓶をあける道具、あれどうしたのかな?」
「どうしたのかしらね、壊れたのか、いつのまにかなくなってしまったみたい」
「あれの名前、なんだっけ、、、」
で、その答えを家人が思い出してくれたのです。
「たしか、ストロングボーイ」
「なんか、いい名前だよね、、、。」
当然すぐにWeb検索です。何件かヒットしたのですが、調べてみると、現在は輸入されてない様子。Amazonでも「予約承り」です。となれば、あきらめないのがアラカン凡人「開け男」、何としても手にいれたくなります
すると、東京ならば、、、、しかし福岡ではどう探せばいいか、輸入物を扱っているキッチン専門店は、、、。 結局、天神にある3つのデパートのキッチン雑貨売り場に出かけたのであります。
探したのは、スイスのメーカー「Zyliss」(チリス)のストロングボーイ。 大丸、三越にはZylissは置いていませんでした。ビンオープナーとしては、他メーカーのものがありましたが、「にんにく醤油ビン」に睨まれている「開け男」は、戦うには「ヘビー級にも強いストロングボーイ」しかないと、信念にもなっておりました。
そして、3軒目の岩田屋で発見したのです。岩田屋にはZylissの商品アイテムが揃っていました。
このときの、「開け男」の心の内側、わかります?
まじ、1週間の「宿便」が、ドバーッとでた痛快感でした。ヤッター!!見つけたぞ。
  
100402ストロングボーイ 002   100402ストロングボーイ 003 昔からの友達だったストロングボーイは、ふたに巻きつけるところが薄い金属でしたが、今回であったのはその部分がTPEという特殊な繊維でできていることと、本体はABS樹脂でグリップした感じがとても絞めやすくなっています。驚くのは、開けることができるサイズです。最小2.5センチから最大11センチまでと説明書にはあります。彼は、間違いなく一生付き合える友達です。家人が困ったとき、「開け男」がいなくても大丈夫。
かくして、かって我が家のキッチンの道具入れにいた「ストロングボーイ」の、進化した子孫、名前は「ストロングボーイ2」が、消火栓にように余人をもって変えがたい頼もしい友達として、又後継者としてファミリーの一員になったのであります。 ちなみに、どこにでも売ってない商品です。国産のものはありますが、一生ものとして結婚お祝いなんかにとてもいいと思います。ついでですが、ロフトの商品は、知り合いの”若い人”にプレゼントを考えています。 ながなが、お付き合いありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる