映画「マイレージ・マイライフ」

100403大濠公園・君たちに 006ジョージ・クルーニーのはまり役「マイレイジ・マイライフ」に、何故垣根涼介の文庫のカバー写真が必要か。
金曜日の夜の映画館ツァー、「フライデーナイトシアー(これからはFNTと略そう)」に行ってまいりました。
◆テーマ設定について
この映画のい原作は、ウォルター・カーンの「up in the air」だそうですが、「アメリカのリストラ宣告人」が主人公です。一方、「君たちに明日はない」は、2005年の山本周五郎賞を受賞した垣根涼介の作品です。こちろも同じくリストラ専門のコンサルティンング会社、日本ヒューマンリアクト株式会社の”真介”が主人公です。真介の場合は一度、リストラされて、その縁で逆にスカウトされて社員になったという経歴です。さらに、真介の助手が派遣社員の「美代」で、物語の設定は、”相似系”、”近似値”、”いただき”といった感じがします。きっと偶然であった、けっして”パクリ”でないと思いたいものです。どちらの作品も、僕的にはとてもいい内容だと思うからです。
◆映画製作について
2000年にトム・ハンクス主演で「キャスト・アウェイ」という映画がありました。貨物飛行機が南太平洋で墜落し、トム・ハンクスが無人島で生き延びるという物語でした。奇跡的に生還したのですが、かっての婚約者はもちろん結婚しています。そして、墜落した飛行機に残されていた「小荷物」を、あて先に届けに行く、という奇跡的で感動的な話しでした。この映画の「製作」という視点からは、”FedEX”がスポンサーになっていると思ったものです。トム本人の、不器用で実直に感じる人柄と、主人公の粘り強さ・あきらめない使命感・責任感・他人への思いやり・そしてヒューマニティ。観終わって、「FedEX」へのブランドイメージが、僕の記憶の中に堅固に明確に出来上がったように感じました。
「マイレージ・マイライフ」に、どういうタイアップがなされたかは知りませんが、この作品からはアメリアンエアーが、全米を組まなくネットしている”アメリカ・ドメスティンクNO1」の航空会社で、利用者へのホスピタリティもしっかりしているというイメージを受け取れます。街と飛行場の航空映像(上空からの撮影)は、どれも魅力的で、音楽ともマッチしていて、いい気分にもなれました。日本でも上空からの映像だけのテレビ番組もありますが、改めてローカル空港問題を赤字赤字と騒ぐだけでなく、何か面白いことできないか、とつい考えてしまいます。
◆[up in the air] 原題について
観た映画は家人が必ず、パンフレットを購入します。随分たまっています(独り言)。マイレージ・マイライフの原題と、その意味を知りたくてパンフレットを読んでみました。カット写真に比べて、文章の割合が多かったですし、リストラ問題評論家という人の映画評も載っていました。[up in the air]について、映画評論家「瀬戸川宗太氏は「空の上、まだ何も決まっていない」という訳を紹介しています。もう一人の映画文筆家(評論家と文筆家、どうちがうのかよくわかりませんが、あまり気にしなくていいでしょう)石津文子氏は「地に足がつかない」と訳をつけていました。
僕的には、石津氏に「アンタガエライ」です。映画では、目標だった1000万マイルのマイレージを獲得し、機長との会話で、どこにお住まいですか?に答えた一言、「ここです」が、「地に足がつかない、ついていない」とひっかけて絶妙な訳だと思った次第です。
◆なんだかんだ、やっぱジョージクルーニーは「声」が最高、ほれぼれします。家人にいわく「一言一言響くのだそうです・・・。」同時に助演の二人、アレックス役とナタリー役が対照的でとってもよかった。

 

  満点評価

ストーリー・脚本2017
演出2017
映像(美・先進・驚異)107
音楽(オリジナル・編曲・歌手)109
配役(主演・助演含む)2018
Pabaroの独断評価2017
  10085

 

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる