スターバックス福岡大濠公園店

時々、「短気は損気」と言い聞かせています。
それでも、「なんだこりゃ!」と怒るのが凡人です。
大濠公園の1周2キロの周回道路の東側で、昨年から「何かはわからないが」工事が行われていました。最近の工事はシートで囲っているので内容まではよくわかりませんが、僕は勝手に「ランニングラボ」だと思っていました。
これはいいことだ、大濠公園にやってくるランナー達にとって、ロッカーとシャワールームが使える施設は、東京の皇居周回にも匹敵する名所になると、思い続けておりました。
ある朝、シートがはずされて建物と、サインが登場して、僕は、僕は「驚くとともに、すごい怒りが芽生えてきました。これって、いったいナンなのさ!ここは福岡市の公共の場所でしょ、そこになんでスタバなの。そう思いませんか、いったいどんな政治力を発揮したんだ、新聞に投書だ!」てな感じで、写真を撮ってまいりました。
100417大壕スケッチ 008このときの、僕の疑問は、まずこんな公共の場所にスタバという民間が営業することの制度的手続きはどうなっているのか、次にこれって市民の同意(議会)はどうなっているの、ということでした。
最初のマスコミ報道は西日本新聞だった思うのですが、内容は次のようでした。
「4月26日に大濠公園にスターバックス福岡大濠公園店がオープンする。同公園に新しい飲食店ができるのは48年ぶり。店舗は鉄骨平屋建て、床面積は161平方メートル、屋内41席、テラス32席、テラスにはペット連れの利用者用に散歩用のひもを結べるポールが立てられている。同社が支払う土地使用料は年間約44万円。県は昨年6月から8月にカフェ出店者を公募。2社の応募から選定委員会がスタバを選んだ。
なるほど、そういうことだったのか。知らないで「怒る」ことはいけません。
それでも、土地代が年間44万円!ただみたいなもんでしょ。安すぎませんか。
昨日、さらに情報を入手できました。スタバジャパンの岩田CEOが福岡県庁を表敬訪問している新聞記事からです。
日本国内で既に879店を展開しているそうですが、環境配慮型の全国初の店舗とのこと。
環境配慮の具体的なこととして
1:電気使用量削減のための日光取り入れ高窓の設置
2:雨水をためて植栽の水やりに利用
3:使用後のコーヒー豆殻を公園の落ち葉と混ぜて肥料として公園緑化に再利用
4:コーヒー豆殻から再生して造ったテーブル など13項目で環境配慮をしているそうです。
100417大壕スケッチ 009そして、入口に写真のプレートが掲示されています。
”スターバックス福岡大濠公園店は、米国グリーンビルディング協会の定めた基準に準じて、LEED認証を取得するために登録されています。”
もし、大濠公園に行く機会ありましたら、是非「環境配慮」のモデル店舗を覗いてみてください。
ナンダコラャ!!の早計な怒りから、いっぱく冷静に対象を評価して、ウーッッム納得。
逆にどんどん応援しよう!!PRにも協力しよう!!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる