博多謎々

今朝の日本経済新聞文化面(最終面)に、博多謎々の会代表の岡部定一郎さんの、「文芸的”博多謎々”守るぞ」が載っていました。「博多にわか」は、知っとおばってん、「博多謎々」は知らんかった(なんか変?許してちょうだい)。早速岡部さんを検索してみました。博多にわか振興会でも常任理事をされていたり、福岡県観光アドバイザーとか福岡市イベントアドバイザーなど、福岡の町人文化=博多文化について、大変お詳しく、なお人脈もひろく、知らなかった僕が、恥ずかしい、と思ったのであります。岡部定一郎さんの あのひと検索はこちら。
江戸時代から始まる謎かけは、寄席ではじまり今ではテレビの「笑天」ですっかり有名です。普通の謎かけは、「謎かけ」と「解き」の共通点を、「落ち」で明かす形式ですが、どうも博多謎々は、ちょこっと複雑なようです。
博多謎々のルール、おきて(?)は、2つ以上の掛け言葉と同音異義語、しかもできるだけ博多言葉を使うという原則があるようです。なるほどなるほど。
新聞に載っていた優秀作を紹介しておきましょう。
◆お盆の讃美歌とかけて
   新規開店のデパートと解くく
    -こころは
 終始混んどう(宗旨混同)
◆ストーカーとかけて
   縁起かつぎとと解く
   -こころは
   つき待とうて言いよる(つきまとうて言い寄る)
◆玄界灘とかけて
   メタボ数値と解く
   -こころは
   越えたら韓国(肥えたら韓国!)
博多謎々の会は、1992年に結成されたとのこと、メンバーは20名ほどのようですが、なかなかに「頭の体操と博多言葉」、考えるとなかなかに難しいもののようです。
ちょっとや、そっとではでてこん!!
暇で暇でしょうがないとき、ちくっと気張ってみようかい。 そういえば、博多言葉はパソコンではうまいこと変換千倍(せんばい)。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる