1本25円の缶飲料

今朝の日経新聞朝刊の1面特集に、「価格破壊 新たな潮流、ネット・PBが主役」という記事が掲載されています。要約すると、物価下落が止まらないが、これは需給ギャップに加えて、PB(プライベートブランド)やインターネットの普及という構造変化が新たな価格破壊を導いている、という内容です。

価格破壊の事例として
1:350ミリリットルの缶飲料 25円 (トライアルカンパニー)
2:ジーンズ 990円(ユニクロの子会社 ジーユー)
3:ハンバーグ 290円(ファミリーレストラン ジョイフル)
4:銀座で天ぷらの会席料理 1500円(群馬のたこ焼きチェーン ホットライン)
5:100円DVDレンタル(つたや、ゲオ)
6;:エリエールダブル 298円(通常500円前後、通販サイト ネットプライス)
うーむ、驚いたのですが、6つの事例のなか、直接に関係ある企業が2社あります。

大事な視点として、買い物前にインターネットで価格を比較することが習慣化し始めている。
インターネットの価格比較サイト「価格・com」の8月の月間利用者は前年比43%増の1970万人になったそうです。

そこで、ちょっとまじめな話です。
マーケティングでは、消費者の購買行動を永い間「AIDMA]の法則として表現し、モデルとして使ってきました。ワールドワイドに通じます。
A:Attention  注意
I: Interest   興味
D:Desire    欲望
M:Memory   記憶
A:Action    行動→購買

ところで、Web2.0の時代、新しい購買行動の電通モデルが「AISAS」です。
今では世界中で「AIDMAからAISASへ」、が新しい購買行動モデルとして使われています。
A:Attention   注意
I: Interest   興味
S:Search    探す→日経記事にある「価格・com」へのアクセス増が実証している
A:Action    行動→購買
S:Share    分け合う →通販ショップの購入後の満足度評価はまさにこれです

但し、全ての商品に当てはまるか否かは、よ~く考えてみてください。
「価格・com」とか「比較・com」へのアクセス増はSearchというよりもCompare(比べる、比較する)
の意味あいが強いように思います。ちなみに、電通のAISASモデルは、1年後輩の杉山恒太郎氏と秋山隆平氏の共著「ホリスティックマーケテンング」で発表されたものです。

偶然ですが、毎日新聞の経済面でにも関連する記事が掲載されています。
「スーパーの値下げ要請重く、、、、食品メーカー通販に活路」という見出しです。
大手の食品メーカーでは、最近自前の商品をインターネット通販に販路拡大を狙っている。
流通業界での激しいシェアー争いと価格破壊への対抗策として、新しい販売ルート開拓を始めているようです。具体的事例として
1:ハウス食品 「レトルトカレー」→「ダイエット食品との詰め合わせ、で減量効果を訴求」
2:ニチレイ「低カロリーの冷凍弁当シリーズ」
3:サッポロビール「チョコレート風味の発泡酒」来年1月発売予定
4:サントリー「健康食品、ウィスキー、ワイン」99年から通販開始

毎日の記事でお勉強したのは、単なる通販でなく、いかに付加価値を加えるかというマーケティングが重要とのこと、ハウスの通販カレーでは、購入すると、ネットで問診票をもとに、メールや電話で栄養士のダイエット相談が無料で受けられるという仕掛けがあるようです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる