ユニクロも社内は英語化

前の記事で「楽天」の社内英語化について記載しました。 
その目的について、三木谷社長は二つの理由を述べていました。
一つは、世界一のネットサービス企業を目指すことであり、二つ目は楽天が始めることで日本が変わるきっかけになること、でした。
なんと、タイミングのよいことでしょう。今朝の毎日新聞に、ユニクロも社内を英語化するという記事が掲載されています。
実施は2012年3月からのようですが、海外展開を加速させるには、グローバル化に対応した言語の共通化か不可欠と判断したようです。
急速に、日本企業のなかで成長戦略の一つとしてのグローバル化、その手段の一つとしての「社内の英語化」が始まる予感がします。
英語化→外国人採用→外国人の幹部登用→取締役のグローバル化→国際企業化
この流れに乗り遅れた企業は、ガラパコス日本の国内で、衰退への道を座して待つことになる可能性が高い。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ユニクロ社内の公用語を英語に!!

英語が喋れるのはいい事ですが、日本語の通じない会社になりませんように。インターネット上で海外のサービスを利用する時、不自由な日本語での対応に苦しめられる事もありますね…。ユニクロがそんな会社になりませんように。ユニクロ・楽天 英語を公用化 | 英語ベタ子の...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる