孤高のメス

100712 小倉ほか 021 堤伸一と夏川結衣、余喜美子、3人の映画といっても過言ではないでしょう。
夏川は看護師、余は音楽の先生で、田舎の漁港で静かに暮らしています。二人の家庭は、どちらも母子家庭で、近所付き合いがあり、男の子同士は仲がいいようです。
なぜ母子家庭なのか、といった背景は映画ではまったくわかりません。
画面でとても大事なモチーフが、燕の巣になっています。
映画は夏川が死んで、海ガ見える火葬場のシーンから始まります。
看護士として勤めている病院で倒れ、大学病院に運ばれる間に、死んでしまったようです。この出来事に、ストーリーがつながっていて、なんとも皮肉な現実を映画の進行とともに理解していきます。一人息子は成人して、医者になったという設定ですが、息子と余が自宅に戻ってきて、ふっと見上げたアパートの軒下に、燕の巣があります。
親ツバメが、せっせとヒナにエサを運んでいます。これは何を暗示、もしくは伝えたいのか。きっと生きることのすばらしさと、行き続け、繋がる命の尊さだと思います。
自宅で死んだ母親の遺品を整理し、母親の日記を読み始めたところから、時間は20年くらい前に、フラッシュバックします。
だんだんと人間関係がわかっていき、田舎の市民病院に“孤高のメス”の堤伸一が着任してきます。
彼の人生について、映画でわかることは「ピッツバーグ」に留学もしくは勤務していたことぐらいです。ある日、余喜美子の息子で福祉のボランティアをしているよくできた“まなぶ”が、救急車で病院に運ばれてきます。もちろん、うろたえた母親余美紀子も一緒についてきます。このシーンは、原作を知らない僕にはとても唐突で、どうして?と不思議に思ってしまったのです。実は、これがこの映画の「メインテーマ=つまり、脳死肝移植」につながっていきました。ボランティア活動に熱心だった高校生の一人息子が脳死状態になったとき、母親として何ができるか、その答えがこの田舎町の市長(柄本明)の命を救うことになります。
孤高のメスというタイトルからは、どこにでもある「象牙の塔」から外れた、一匹オオカミ的外科医を想像しますが、テーマとしてはそれ以上に深いテーマ性がありました。
写真ポスターからイメージする、最先端外科手術みたいなことでは、決してありませんが、テーマの重さと時代性への発信は、すばらしいことだとえらく感動してしまいました。製作委員会にテレビ朝日、朝日放送、九州朝日放送が入っていて、お台場の「踊る大捜査線」とはずいぶんちがったコンテンツと、業界人?らしくない?感動を受けてしまいました。
改めて、原作を読もうとは思いません。
でも、いい映画です。すごく。
全編を通してフラットで静かで安定している印象ですが、すごく中身のある映画だと思います。
文部科学省の予算、削るだけでなく、このような映画は中学生、高校生に、できれば是非みてもらいたい作品です。
子供手当てのバラマキだけでなく、このような問題作を鑑賞することの推奨くらいしてみたらどうでしょうか。

ついでに、最も印象に残ったシーンは、江本明の「ケバケバパジャマ」でした。言葉では表現しにくいのですが、原色の赤・黄色・青・緑で大胆な花柄のデザインパジャマです。もし、このブログを見て、映画をごらん頂く機会があれば、是非注目してみてください。僕は”秀逸”だと思います。

 

  満点評価

ストーリー・脚本2019
演出2019
映像(美・先進・驚異)109
音楽(オリジナル・編曲・歌手)109
配役(主演・助演含む)2019
Pabaroの独断評価2018
  10093

 

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる