必死剣鳥刺し

100718必死剣鳥刺し 家人も映画が好きで、東京では大学ゼミOB会の、映画会の会長をやっていました。
彼女自身は大学は女子大だったのですが、いつの頃からか、映画会メンバーに推薦されて、2代目会長を務めていました。
そんなことから、映画はできるだけ二人で観るように心掛けていますが、たまに一人で観るのはバイオレンスとかアクションもので、彼女が苦手にしている作品です。
この「必死剣 鳥刺し」は、原作は藤沢周平ですが、「男映画」と思い一人で観賞してきました。
出演は、豊川悦司、池脇千鶴、岸部一徳、吉川晃司他です。
設定は藤沢作品と同じ、東北の小藩です。
小藩の殿様の「側室」の専横と贅沢に、藩の財政は逼迫し、緊縮財政を進言した武士が理不尽に切腹になったり、百姓は今にも一揆をおこしそうに藩内が沸点に近づいていました。映画はまず、能舞台とそれを観る殿様、側室、家臣たちのシーンから始まりました。能が終わって退席する側室を、豊悦が刺し殺します。
当然打ち首もしくは、切腹、お家断絶でしょうが、なぜか閉門蟄居のお沙汰です。
そして、側室のわがままと専横ぶりが、ひとつひとつ説明調の映像で語られます。
閉門中の豊悦と、かいがいしくお世話をする、死んだ妻の姪で嫁ぎ先から出戻っている池脇、さらに、藩主にはできのいい別家役の吉川晃司、そして不気味に”いい役”の岸部一徳。
藩内の四季のうつろいが、映像とともに伝わってきます。
1年後、閉門が解けて藩主の側近として、以前にまして重用されることになった豊悦。
池脇にも縁談がすすみます。
これでは、男映画でなく”女映画”では、、、と思うくらい、感情を抑えた、抑制されたように、静かに物語はすすんで。
結局、最後の15分くらいの壮絶な殺陣シーン、このクライマックスシーンへ、すべては周到に、計算された演出で、たんたんと語られたことが、わかります。

やっぱり、岸辺は岸辺でなくっちゃ、期待通りの冷酷で、一番の悪でした。時間に余裕のある方、又藤沢作品がお好きな方は是非ごらんください。

 

  満点評価

ストーリー・脚本2018
演出2019
映像(美・先進・驚異)1010
音楽(オリジナル・編曲・歌手)109
配役(主演・助演含む)2018
Pabaroの独断評価2019
  10093

 


*7月18日日曜日 西日本新聞朝刊に豊川悦司のインタビュー記事が掲載されていました。抜粋追記しておきます。

・着物がなじむ身体にするために、撮影前に5キロ体重を増やして、身体の厚みをつけたそうです。
・藤沢周平の原作では、必死剣の描写は、ほんの数行しかない。それを映画として面白く見せた。
・この作品は、命をどういう幅でとらえているかというのが主テーマだと思う。個人の人生だけで、測れない命や魂もある。受け継がれるものであったりします。今の若い人はどうしても「自分の命」という点だけで考えてしまう。本当はそうじゃないだよ、っていうね。あなたの命はあの人の命でもあるし、その逆もあるという考え方が、この映画の中にはある。
・最期のチャンバラシーンをどうとらえるかで、この映画の解釈がかわってくる。映倫のR指定を受けてないし、モントリール映画際に選んでくれた人もそのところが、理解され伝わったと思う。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる