鎌倉稲村ガ崎

博多に住んで3年、住まいはマンションです。
ベランダに鎌倉の家から”ブーゲンビリア”と”君子欄”の鉢植え、チューバッカーとメダカを伴って引っ越してきました。
鎌倉の自宅は、賃貸を計画したので室内の家具・道具類は、移動できない備え付けを除いてはほとんど残してきていません。現在は次男夫婦が愛犬「ボウ」と生活していますが、以前は大人7人で暮らしていたのが、今はがらんとして、シンプルライフそのまんまです。庭は3年前と変わってなく、自然はたくましくまた、頼もしくもありました。梅雨の晴れ間の朝、フォト鎌倉稲村図鑑です。
1006027稲童 020 1006027稲童 019
庭の片隅に次男夫婦がミニトマトを植えていました。朝食でよく冷やしたミニトマト、味は格別でした。
1006027稲童 021 1006027稲童 022
1006027稲童 023 1006027稲童 024 1006027稲童 026 1006027稲童 025
右上は”ボトルブラッシュ”です。花は散っていましたが、今年は真っ赤な花がすごく良く咲いて、蜜を求めて沢山のミツバチが集まってきて賑やかだったそうです。
1006027稲童 027 100712 小倉ほか 022
家の東側の軒下に”夏みかん”を植えています。小さかった樹が、秋に肥料を与えてだんだんと大きく育ってきました。今年も収穫して”夏みかん”が次男夫婦からとどきました。数は去年ほどではなかったようですが、実は皮が薄く、とても甘くてジューシーで、すばらしい自然の恵みでした。
1006027稲童 030 1006027稲童 031
庭にはもう一つ、僕達にとって大事な”梅の樹”があります。これは、昨年8月に結婚し、ここに住んでいる次男夫婦の結婚披露宴で大役だった”梅の樹”です。披露宴ではウェイデイングケーキへの入刀が普通ですが、次男は”梅の樹”への水遣りをしたいと、わざわざ植木屋で枝ぶりのいい梅の樹を、事前に買ってきて準備したそうです。当日は、猛暑だったので”茂った葉”状態ではありませんが、無事に水遣りセレモニーを経て、稲村の自宅庭で根付き始めていました。
稲村の新婚夫婦の同じ年輪を刻んで、大きくなっていくことでしょう。いつまでも、見守って欲しいと願います。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる