Callaway X tour FORGED wedge 思いがけない出会い

100811フラットソール 002僕のゴルフの課題は、30ヤード以内のアプローチです。練習でも、一番時間をかけるのがアプローチ練習です。
ピッチエンドラン、ころがし、ロブショット、実は打ち方のバリエーションは家人が驚くほど多彩?です。 練習場では”これで大丈夫”というくらいにうまくいくのですが、いざコースの本番になると、ザックリと”どふった”り、トップしてしまいます。
そして、ある日見つけたのが、上のゴルフ雑誌の記事でした。
今までは、ウェッジクラブはロフト角とバンス角しか気にしていませんでした。ソールはどのクラブも丸く膨らんでいて、特にバンカーでは出やすい、と記憶していました。ところが、ところが、ウェッジのソールは平らなフラットソールがいいと、と書いてあったのです。僕のそれまでのウェッジは、どれも円周のようなラウンドソールでした。
そこで、”万力”と”金やすり”を買ってきて、自分で丸くふくらんだラウンド部分を削りはじめてみました。
ところが、どっこい、そう簡単には思うように削れないのです。
週末に何度か挑戦してみましたが、ほとんどあきらめてもいたのです。
すると、どうでしょう。ある日、中古クラブのお店で、念ずれば通じたのか、Callawayの中古クラブで、ソールを見事に削って”フラットソール”にしているクラブに出会ったのです。
すでに、何度かプレーしてみましたが、今までのミスショットの確率が、間違いなく低くなっています。
うそではないのです、こんな簡単なことで、アドレスに入って安心してストロークができるのです。
あまりにうれしくて、写真として紹介しておきます。
どういう方が使っていたのか、全く知ることはできませんが、これだけクラブのソールを削ってあるということから推測すると、”プロか、アマチュアでもシングルハンディの方”だと思います。
ロフト58度のCallawayクラブ、これから永い付き合いになりそうです。
なんだか、僕には、クラブ自身も大変喜んでいるように思えるのです。 ハイ。
100811 001 100811 002
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる