ハナミズキ

1008130高千穂 017
僕のblgでの映画の感想は、あえて「映画館で映画」としています。blgでの”映画”には自宅のテレビで観たものの感想はいれていません。wowowで観た映画(そういえば最近のwowow、映画の作品数と質がものすごく堕ちていて、真剣に解約を考えています)とか、レンタルDVDで観た映画は”映画館で映画”には含みません。
このハナミズキ、映画というよりはテレビドラマみたい、が第一印象でした。
どうしてなのか、考えてみました。
1:テレビドラマは普通2クール、13週。一話毎に起承転結が必要ですが、その感じでこの映画できているように思った。つまり、小さな”山”の集合体で、一番最後の盛り上がりも”予想”できてそれ程の高揚感になっていない。監督も脚本もテレビドラマ育ちのようで、まずは脚本に問題があるように思える。物語には筋とエピソードがあると思うのですが、エピソードがどうも平凡すぎる。典型的なのが、”なんとかくカメラマン”のゲゲゲの女房の”おとうちゃん”が新聞社特派員(だろう)として戦場に出かけ死んでしまう、結局は登場人物の掘り下げ方が”浅い”のでしょうあ。薬師丸ひろこが男をおっかけてカナダまで行き、そこで生まれたのが新垣という設定からして、現実感が伝わってこない。
2:とにかく、ヒット曲の映画化にしては、本編長過ぎ。テレビドラマのクルーは制作費が厳しいからなのか、もっと思い切って捨てるカットがあってもいい。ロケしたからって、美しく撮れたからって、黒澤明監督を見習え。いい絵撮れたから、使わないともったいない的なカットが多すぎ。観てる方はたまらん。
3:話がうますぎて、ありえないことの連続で、結局はなに!!とつまらん。早稲田の女子大生、しかも苦学生のわりに”リッチな自宅”とか、なんでNYで就職できるの、とか、なんでカナダの田舎町のショーウィンドーで見つけるのとか、フィクションにしてもリアリティが必要ではないかいな。
観終わっての結論は、夏川りみの”涙そうそう”の二匹目のどじょうでした。それでも構わないですが、僕にはチックトつまらんぜよ。興行的には成功するだろうし、テレビ局のコンテンツ戦略としては間違っていないでしょうが、ならばもっと思い切った”冒険的”とか”先進的”とか”挑戦的”というような形容詞が欲しかった。この作品の企画の原点、ハナミズキは時代を超えて残る”名曲”だと僕も信じています。you tubeから動画を埋め込んでおきます。

you tubeによると、夏川りみの”涙そうそう”は182万回、そしてこの”ハナミズキ”は148万回も再生されています。
そうそう、映画では新垣結衣よりも薬師丸ひろ子の演技力・存在感が良かった。新垣結衣についていえば、僕には改めて蒼井優の演技に非凡なものを比較してしまいます。
8月最後の土曜日の夜、映画2本立てではしごでした。子供の頃は映画は2本立てが普通で、時代と現代劇が同時に観れた気がします。
今夜の2本目は、寺島しのぶの話題作”キャタピラ”でした。
>

 

  満点評価

ストーリー・脚本2010
演出208
映像(美・先進・驚異)107
音楽(オリジナル・編曲・歌手)108
配役(主演・助演含む)2016
Pabaroの独断評価2012
  10059

 


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる