大腸ポリープ

前回のブログ”セブンイレブンのおでん”でも記載していましたが、金曜日に大腸ポリープの切除手術を受けてきました。僕の家系は”ガン”罹病の確立が高いようで、祖父、父、叔父、兄いずれも”ガン”を発病しています。ですから、外科医の娘の家人は、僕の健康管理については、”鬼軍曹”以上に怖い存在です。
会社の人間ドック以外に、前立腺と、胃内視、大腸内視を行っています。義弟の病院で昨年大腸内視を行ったときに、小さなポリープを発見、今年の春にも確認し、7月末に大腸バリウム透視をして、金曜日に切除してきました。なにしろ、小学校4年のアッペ(盲腸)以来の手術入院ですが、口からもお尻からも内視鏡を受け入れた経験があるので、それ程重大事とは思っていませんでした。かる~い気持ちだったのです。
ところが、2日(木)の午前中に執刀医(と呼ぶには何か変?)に”大腸内視鏡検査説明書”と、”手術・麻酔・説明書”の説明を受けて、初めて軽い気持ちから、すこしくまじめにせなゃいかんと思ったのです。
木曜の夜9時以降はもちろん、絶食で”水”だけです
家人が、こまごまと入院用意しているのを横目でみながら、「そんなのいらないよ、せいぜい歯ブラシでいいよ」てな具合で、僕はサンダルに短パン、Tシャツ姿です。 当日は僕が運転して、8時過ぎに家人と病院にでかけて、病室に案内され、さあ事前洗腸スタートです。経口腸管洗腸剤ニフプラス2ℓを飲んで、強制排便を繰り返し、大腸を洗浄しなけらばなりません。何回か排便して、僕としては随分きれい?になったと看護士さんに視認してもらうのですが、見本の写真と比べて、「まだまだ」なのであります。うーむ、お水もう一杯!
胃と腸の活動促進のために、病院内を歩きながら、体操したり、オリヤァオリヤァ、素振りをしたり、、。
結局、”合格”したのが午後2時をまわっていました。 ベッドで点滴が始まり、そのまま手術室です。
ですが、映画、ドラマで見る手術室のイメージとは大違いで、スタッフの手術着とマスクはありません。
「麻酔どうしますか?いたいのいやだったら、いたくないようにできますよ?」
「大丈夫、内視鏡だから、このままでいいです。」と僕。
「先生よろしくお願いします。」「はい、まずは検査にあった二つを探してみます。それ以外もあるかどうか、検査してみましょう。」みたいな会話をしながら手術開始。
お尻からの経験は初めてではないので、”なれたもん”?。「ハイ、入りましたよ」 執刀のN先生と看護士が2人、ギャラリーの”鬼軍曹”も一緒にモニターを見ています。内視鏡に、さらに細い管を入れたり、出したりしながら、目はもっぱらモニターを見ています。
これが、内視鏡手術というものなんだ、フーム。血管内の手術が”カテーテル”で、そうか電子顕微鏡を使っての遺伝子組み換えとか、人工授精とか、医療技術と電子工学とかインターディスプリナリーな技術の融合が不可欠で、この内視鏡はオリンパスで、テルモの株価も随分高くなって和知さん大活躍とか、日本の成長戦略に先端医療技術という分野は入っていたかな、、とかとか、僕自身は他人事のように頭はクールでした。
そこに、義弟院長登場です。 「どう?」「気分いいよ、うまくいってるんじゃない。ここの病室天井が高くて清潔で快適だね、、」なんて会話をしながらの手術でした。
結果は、当初予定していた8ミリと6ミリのポリープのほかに、肛門近くに5ミリを発見、切除して終了です。 無事終了で、とにかく「腹減った!」で、そのまま退院したい気分でした。
というわけにはいかず、1泊してきました。
でもって、主治医からは「1週間はアルコールはダメダメ」との御宣託がありました。追い討ちをかけるように、”鬼軍曹”からは、日曜日朝の自転車もNGです。「ダメよ自転車は、肛門に近いところで、モニターでも血管とかが多かったから、万が一クリップが傷ついて出血することもあるのよ!」やっぱ、僕には鬼軍曹なのであります。
     100905ポリープ 001
手術後の報告書の写真です。ブルーは着色していまが、今は亡き僕の”ポリープ”です。検査ビンに入った実物も見ました。ただいま検査中です。
*このブログ見ている方には、前期のおでんの写真との対比で、不謹慎と思う方いたら、お許しください。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる