ハーモニー

110213 003 KBCシネマで「ハーブ&ドロシー」を観るために、早めに出かけてチケット買っておこう。そのためにもう一本映画観よう、と観たのがこのハーモニーでした。えらいことでした、こんなに”涙が出てきた”映画はほかに思い出せません。「冬の小鳥」だって、これほどは”泣きつづけなかった。

韓国の女子刑務所での合唱団の話ですが、実話から生まれたそうです。この映画で描かれている刑務所内の”自由度”は、日本と比較してどうなのかコメントのしようもありませんが、結構自由でいい雰囲気と思います。

刑務所で子供が生まれたら、”18ヶ月”までは母親と一緒に暮らせるが、それ以降離されてしまう規則。
夫々に、夫々の娑婆での過去を背負って刑務所に服役している受刑者達が、初めて合唱隊をつくり、外の世界でも歌う機会が与えられる。その発表会の会場に集まる、受刑者達の”それぞれ”の関係者と家族。
ストーリーはシンプルですが、合唱隊の指揮をする元音楽大学教授で死刑囚ムノク役のナ・ムニがすごくいい味をだしていました。

予定外に観て、”大当たり”の映画、なんだかすごく得した感じの映画でした。

 

  満点評価

ストーリー・脚本2018
演出2018
映像(美・先進・驚異)108
音楽(オリジナル・編曲・歌手)109
配役(主演・助演含む)2018
Pabaroの独断評価2018
  10089

 


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる