祝 リオデジャネイロ


昨晩、2016年の「オリンピックとパラリンピック」の開催地が決まった。
南米での初めてのオリンピック開催、歴史的なことだと思います。BRICSの台頭が言われて久しいですが、日系人の多いブラジルでの開催、地球の裏側ですが、Somethig を感じてしまいます。
東京が負けたのは残念ですが、ひょっとすると次へつながる大きな「負け」になったとも考えられます。
何事も、ポジティブ、ポジティブ!!
テレビでコペンハーゲンからのIOC総会生中継を見ていましたが、電子投票システムでの選挙は、たんたんとしていて盛り上がりはまったく感じられませんでした。一方、最終候補地のシカゴ・マドリッド・東京とリオデジャネイロでは、夫々臨時のイベント会場で候補地決定の瞬間を祝おうとして数千人規模の集会です。
シカゴはオバマ大統領、リオはブラジル大統領、マドリッドはアルフォンソ国王、そして日本からは鳩山首相、それぞれ、国の「威信」をかけた誘致合戦でした。 だんだんと華やかに、お祭り騒ぎになってきています。

 僕がオリンピックに関りをもってきっかけは、ロサンゼルスオリンピックの開催前でした。当時、担当していたP社が、AVの販促チラシに「選手の肖像と名前、会場写真など」を無断で使い、JOCからの指摘を受けたときです。いわゆる専門語で「アンブッシュ」ということです。
結果的には、これがきっかけでP社はJOC(日本国内)のスポンサーとして協賛を始め、その後「カルガリー冬季オリンピック」からIOC(ワールドワイドスポンサー)となり、現在も継続されています。
ワールドワイドのスポンサーになるにあたっては、当時放送用機材では圧倒的なシェアーをもっていたS社に対抗するために、知名度とビジネスチャンスを世界で獲得する方策として、TOPスポンサー協賛の企画書を書いた記憶がよみがえります。
カルガリーでのIOCとの調印式に出出席したのですが、その時IBM・VISA・コカコーラ・マクドナルドなどのグローバルカンパニーの「マーケティングプログラム」のダイナミズムに、大きな刺激を受けました。 10年以上すすんでいると思ったのが実感です。

あれから20年以上がたちますが、今回の東京誘致は失敗しましたが、必ずや次につながることを願いたいのもです。東京都の猪瀬副知事が昨日の報道ステーションで発言していた「2016年には東京都内のタクシーが全部ハイブリッドカーになっている」というのは大げさにしても、日本という国が世界で尊敬され、経済的にも豊かでありつづけるためには鳩山首相の「25%CO2削減」を大命題として、環境・観光立国のグランドデザインをすることが重要だと改めて思います。
マドリッドも2回続けての立候補でした、鳩山民主党政権として、4年後の総選挙を見据えて、2020年東京誘致に、今日から取り組んでもいいのではないでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる