映画の中の福岡 「点と線」

福岡シリーズ①
天気がいい日の通勤は自宅からオフィスまで歩いています。ゆっくりでも15分かからない距離ですが、途中で西鉄ライオンズのホーム球場だった「平和台球場」の跡地を通ります。この跡地は現在は「歴史的遺跡、鴻臚館」の発掘調査中でフェンスで囲まれています。

フェンスを囲む遊歩道の”期末”舗装改修工事で、右回りから左回りさせられることになりました。すると、フェンスに博多の観光的素材がパネルとして掲示されていることに気がつきました。

フェンスの内側も、発掘場所以外には芝生の貼り付け工事中です。今のところ、観光客が通るエリアではありませんが、”僕自身の勉強”のつもりで、しばらく「福岡シリーズ」を紹介します。

第一回は、映画の中の福岡、ということで松本清張の代表作の一つ「点と線」です。

JR博多駅の東、小倉寄りに香椎駅はあります。子供の頃、香椎といえば「香椎花園(かしいかえん)」という遊園地で記憶にありますし、その後は、福岡国際マラソンは、平和台競技場をスタートして、香椎を通って、海の中道折り返しとしていました。
このパネルの特徴は、日本語はもちろんですが、英語とハングルと中国語で書いていることです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる