バラの宅急便

   001.jpg
博多の中心、天神から西へ約40キロ、福吉の僕たちの新居は第一期改装が終わって、今は庭とバス、トイレの工事に入っています。庭は垣根ができ芝生を植える真砂土も入って、ほぼ完成ちかいのですが、トイレとバスの工事で芝がいたむので土がむきだし状態です。
そんななか、家人が欲しがっていた”つるバラ”が宅急便で届きました。
今回庭で植える草木は、ほとんどが宅急便で各地から届きます。
jR福吉駅の前なのですが、駅前には食料品店、薬局、美容院があるだけで、午後7時には閉店してしまいます。
日常の買い物は週末におクルマで買いにでかけますし、そのほかのものもクルマでホームセンターに出かけたり、病院からの帰りに博多で買ってきます。不便なようですが、二人ともPCからの通販で日常の不便さはまったく感じていません。
でね、今夜届いたつるバラの宅急便の段ボールに写真の”注意書き”が張ってありました。
読んで僕たちは、感激し、感心してしまったのです。
同じ植木を受け取るとき、こんな気遣いをしてくれている送り主に、いたく感激し、このお店きっとどんどん大きくなって多くのファンができると思ったのです。
しかも、手書きです。
いいと、お思いません。三重県の会社です。
すごいでしょ。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いいなぁ!

何軒ものバラ業者と取引しているけれど・・・。
何軒ものバラ業者を切り捨ててきたけれど・・・・。

手書きの注意書きは見たことがありません。

きっと苗も心のこもった苗でしょうね!


(今日、金ちゃんと一緒に新橋で「焼きビーフンとバーツァン」を食べ
汐留でmさんを突撃訪問しました。)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる