この空の青さは

   20120130 037





大学からの友人Mにがんがみつかったという連絡が東京の友達から届いた。

しかも、腎臓から肺への転移もみつかったらしい。

抗がん剤を使いながら、今のまま東京で治療するか、両親が住む三重の実家に戻って「鮎釣り」をしながら静かにときをまつか、そういう選択が近づいているらしい。

Mは大学卒業とともに総合商社に就職、海外留学で得た英語力で、夢にあふれていたが、
思い切って、飛行機に乗った。
久しぶりに東京だが、天気のようには気分ははれない。

iPhoneに換えてから、iTuneで時々楽曲を購入し、ヘッドフォンで楽しんでいる。

飛行機のなか、小椋桂の「彷徨」を聞いた。

この空の青さは

「ああ、それにしても
 この空の青さはどうだ
 この雲の白さはどうだ、、、ダダダダ~ン、ダダダダーン」

静かに語りかえてくる小椋桂の歌詞が、改めて新鮮で僕のこころに響いた。

帝国ホテルで待ち合わせ、銀座の蕎麦屋「泰明庵」へ。

昼間からいい感じで、酒が飲める大好きな蕎麦屋。

「セリのおひたし」「めざし」でまず、一献。

しめは、ここでしかない!と確信する「せりカレーそば」

  IMG_0208_convert_20120206085821.jpg

Mの話は終わることがなく続いた。

酒が入り、声も大きくなり、時々の固有名詞に、僕はちょっと周囲を気にした。

場所を変えて、思いつくままに、JR山の手線に乗り込み、結局二人で1周半を乗り続け、

夜に予約している八丁堀のなじみのすし屋にでかけた。

20120130 045

翌日も快晴。

羽田から東京、首都圏、関東一円、  

そして富士山、雪をかぶる日本アルプスの山々。

「この空の青さはなんだ!!」、頭で歌いながら、眺めながら、福岡にもどった。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる