「kingsoft OFFICE2012」無料体験

   IMG_0937_convert_20120911090815.jpg

写真でみると、kingsoftが小さくてOFFICE2012が大きいことがわかります?

6月のある日、仕事場の僕のPCに「KingsoftOffice30日間無料体験版」というWEB広告があって、エクセルの使いこなしがより上達するかな、なんて思って、かる~い気持ちでクリックしてみました。
 それが、悪夢というか、「2012ストレスサマー」の始まりだったという話です。

教訓:ホンマ、ただほどこわいものはない。

エクセルだけでなく、ワードもパワポもKingsoftのプログラムに自動的になってしまったのです。デスクトップのファイルのアイコンも、全部変わってしまったし、ドキュメントのファイルのアイコンも全部、全部変わってしまったのです。
でね、なんかヤバー!と思った時には、僕みたいなど素人には、キャンセルも削除もエライコッチャと、後悔後悔の日々でした。

まあ無料の30日間はどうということもなく、わざわざソフトを変える程の魅力も見つからず、さりとてさほど不便も感じなかったのです。
でね、30日経過し、無料期間が終わってから「無料体験版」をPCのゴミ箱へ移動しようとしたところから、熱い熱い僕とKingsoftとの戦いが始まったのです。

ホントに削除したくても、できないように仕組まれていて、プログラムファイルから捨てようとすると「削除するには管理者の許可が必要」とでてきて、さてどうしたものかと困ってしまった。
デスクトップのショートカットで作業中のソフトを開けると、「体験期間が終了しました。シリアルを購入して続けてください。」だと、のたまうのです。
一瞬、まあいいかって気持ちになるくらい、毎日戦ったのです。
古いファイルを開けて編集するのは、プログラムソフトから開けていかないと、まったく入力も編集もできない、つまりRead onlyなファイルになってしまったのです。

こんちくしょう!! 誰に断わってこんなことしやがんでぃ!!

わかったこと、Kingsoftは中国企業のようで、中国では相当のシェアをもっている模様。要するに「MSのコピーソフト」で、無料体験したら逃げ出せないような仕掛けで、何のことはない“無料で釣って、有料にさせる”なんかどっかで聞いたようなビジネスモデルなのであります。中国ならば「ユーザー1億人」もあり得るかも。

 それから、どうしてこのKingssoftと縁を切るか、悪戦苦闘しつづけていました。
FBでみんなに「Help me!」と叫ぼうか、なんて考えておりました。

そして、午前中に、意を決して「KINGSOFT 抹殺大作戦」に挑戦しました。
PCのコンピュータからプログラムを開け、あっちいきこっちいき、やってみて。
ついについに、KINGSOFTのほぼ駆除に成功したのであります。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる