ひさしぶりに、きれいな海をみた 大滝秀治

劇代民芸の個性派俳優 大滝秀治さん(今は民芸の代表、知らなかった)が亡くなった。

最後の映画出演が、この前のブログに書いた高倉健の「あなたへ」でした。

NHKプロフェッショナルで、2回にわたって高倉健を特集(あまりにも強烈な映画PRとも考えられますが、それはこのブログの主旨とは違うのイイカ?)、映画よりNHKの番組を勧めた僕としては、なんか感傷的になってしまいます。

健さんの映画撮影は、ほぼ「本番一回きり」の撮影だそうですが、その健さんが大滝さんとの最後にシーン、海に散骨して漁港にもどり、陸にあがってお礼をいい謝礼を渡そうとしたときの老漁師大滝秀治のせりふが「ひさしぶりに、きれいな海をみた、、」でした。

台本の時点で、健さんはあんでこんなありふれたセリフ、と思ったそうですが、それを撮影シーンでみごとにくつがえし、映画の肝はこのセリフにあったんではないかと思えるような、フルエがきた、と健さんは語っています。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる