福吉映画館「告発」

告発 映画館で観ることができなかった作品。

サンフランシスコ湾のアルカトラズ刑務所を舞台とした実話に映画化で、しかも法廷劇と思っていました。
脚本、役者、演技、どれも映画としての完成度の高さに、驚きました。

アルカトラズ刑務所が廃止となるきっかけとなった囚人ヘンリー・ヤング役はケビン・ベーコン。クリントイーストウッドのミスティックリバーで刑事ショーン役を演じていましたが、スゲェ役者です。

物語は、彼が10才の時に両親が死に、妹二人で生きていくなか5ドルの盗みをしたことから刑務所生活が始まった。アルカトラズでは脱獄に失敗して独房に入れられ、真っ暗闇のなかで300日以上(これが法律違反のきっかけ)過ごし、さらに脱獄失敗になって”タレコミ”をした囚人を食堂でスプーンで殺し、さらに長期の独房生活となります。

そして、この殺人犯を法廷で弁護するのが、トラボルタが悪役になったブロークン・アローで”いい役”だったクリスチャン・スレーターです。

ベーコンもスレーターも華やかさはないですが、しっかりした演技力と存在感、観る人に強く印象づけられます。

決して、ワクワクドキドキのエンターテイメントではない作品ですが、一度は観ておきたいいい映画でした。

キャプチャ
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる