棟上げ餅まき

    CIMG3873.jpg
日曜日の午後、庭で芝刈りをしていると、地区の案内放送から「本日午後5時から、

Uさんの家で餅まきがあります。みなさん集まってください。」と、2回放送され

ました。

すぐには何のことか理解できなかったのですが、福吉の漁師さんの旧街区で、先日

から古家を取り壊し、新しく工事が始まっていたので、その棟上げ式のことだと気

が付いたのです。

毎朝毎晩、ナイルを連れて自転車で旧道を走っていますが、”ものはためし”と

覗いてみました。もちろんデジカメ持参で。


午前中までの曇り模様が午後には晴れて、青空です。

関係者の方は、赤手ぬぐいで、イッパイ入っている様子、話している言葉は、

近くで聞いていても、かなり独特な”福吉弁”です。

小さな紅白の餅を一つづつ透明に包装し、”おとこし”がかけ声とともに、投げ

おろします。のどかな福吉漁港の旧道沿いで行われた、棟上げ餅まきでした。

ちなみに、この旧道というのは博多から唐津を経て、名護屋城へつながる、

秀吉時代の幹線街道です。博多から唐津へつながる背振山系でも、海と山が

一番近いのが福吉あたりです。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる