アコードハイブリッド試乗

    IMG_2090_convert_20130715092918.jpg
 僕の電通での仕事のなかで、忘れられないことの一つが、日本国内での

Hondaの広告宣伝の一手扱いの獲得です。

欧米の広告業界は「1業種1社」が原則です。

日本は独特な「電通モデル?」で、永く1業種複数扱い(松下もソニーも東芝も

日立も、ドコモもauもソフトバンクも)が一般的です。

1990年代に日産自動車の扱いが博報堂に一手扱いになり、業界に新しい

激流が始まりました。電通は大きな日産の扱い(売上)が、ある日突然なく

なってしまったのです。

前置きが長くなってしまった。

でね、6月に発売されたアコードハイブリッドにすごい興味があり、

試乗してみました。今僕が乗ってるのは、ホンダのレジェンドです。

その広告宣伝は、僕が本社の営業の責任者の時に担当した新車でした。

当時、画期的なSHAWDというドライビング機能を搭載、300馬力という

国産車としては最高のパワーでした。

特に、高速走行時に加速は大変満足いくものですが、通勤に毎月2000キロ

走るには燃費が弱点で大きな負担です。高速で10キロですが、平均7~8キロ

程度です。8キロとして月に、250ℓ。ハイオクですと月に約4万円のガソリン

代です。

アコードハイブリッドは、燃費30キロとうたっていますが、平均20キロと

して月に100ℓ、しかもガソリンはレギュラーです。

4万円と1.5万円が、月のガソリン代の”差額”となります。

クルマの仕上がりは、すごく良くて、デザインも室内の広さも、なによりも

運転の取り回しが、レジェンドとは”ダンチ”にいいです。

60もなかば、これから衰えいく運動能力、反射神経など、もろもろを考えると

今が乗り換え時かな、なんて思っています。

一番の問題は、はたしてレジェンドの下取り価格はいかほどか?

でね、今月オーダーしても納車は12月頃だとか、それだけ人気あるようです。

つまりは、7月の下取り価格と、12月の下取り価格では、毎月2000キロ

走るので違ってくるそうです。早く決断して早く契約したほうが、お得だと、

セールスはのたまっております。

あえて、アコードハイブリッドで”ウーン”と思うマイナス評価は、

・トランクルームがバッテリーに食われて、狭い(ゴルフバック3つは?)

・ボディカラーの色が少なすぎ(レッド、ブルーあれば、僕たちは迷わず選ぶ)

新しい色、出てこないかな?

ホンダチームの方、教えてよ。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる