最高裁の初判断のニュースを知り

朝日新聞からの転載です。

性別変更の元女性と、精子提供の子は父子 最高裁初判断
2013年12月11日20時00分


20131212.gif

====================================

性同一性障害によって、女性から男性に戸籍を変更し、”うまれながらの女性”

と結婚した。

この夫婦が子供が欲しくて、第三者の精子によって「妻=うまれながらの女性」

が妊娠し、生まれた子供の法的扱いについてです。

今回、最高裁が初めて嫡出子と認めたということが、ニュースの内容ですが、が?

僕には、どうしても釈然としないもの、どうしても”これでいいのか?”という、

疑問がわいてきます。

性同一性障害は、本人の意思に関係なく生じた”障害”です。

誰にも、予測とかできない”結果”として生じた”障害”です。

戸籍上は”女”として生まれ育つにつれて、障害を認知し、大変な苦労の上で、

法的にも”男”となり、結婚もできた。これは素晴らしい社会の理解のもとで、

成り立ち認められています。

ただ、それだからといって”子供”を作り、その生まれてくる子供の将来に対して、

想像できうる世間、社会からの様々な影響を考えると、この夫婦の許しがたいエゴ

と、僕には思えます。

生まれてきた子供には何の、責任もありません。その子がこれから受けるかも

しれない、いじめや苦しみを思うと、なんかこの夫婦の罪が限りなく重いように

思います。

すでに、国内には40名弱の同じ環境で生まれた子供がいるようです。

僕の恐れ、というか、”ざらついた感想”が、まったくの杞憂であることを切に祈

ります。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる