衆議院選挙への内田樹氏論に触れて

今日は、真面目な話をしよう。

どうも、雲行きが怪しい。

右を見ても、左を向いても今回の総選挙は、自民公明、与党の圧勝になりそうです。

このままでは、僕の一票は結局“死票”になってしまいそうです。

前回総選挙、密かに自民党からの政権移行を期待していたので、

その反動も影響も想像よりも大きく響いています。

そんな時、今朝の西日本新聞朝刊で共同通信が取材した、思想家「内田樹氏」

の記事が載っていました。

Twitterで時々読んでる、身近な内田氏の記事は、雲行きが怪しいと思っている

僕には、まったく同感で共感できるものでした。

記録に残しておきたいので、その記事のなかから、そうだ!と思った部分を

転載しておきます。

「生きるために必要なすべての財は賃労働で得た貨幣をもって

市場で購入しなければならないという仕組みの不合理さに、都市部の若い労働者は

気付き始めた。労働力をうることではもう食えない、家族も持てないというところまで

雇用環境が劣化した」


*正規社員、非正規社員という論争よりも、なるほど、その洞察力に納得です。

「安倍政権はグローバル企業の収益増しか考えていない。

そのためには『国家は株式会社のように運営されるべきだ』と信じている。


 *この一文は阿部総理の言動を見るにつけ、すごく納得できる見方です。

株式会社ではCEOがトップダウンで全ての意思決定を下します。

決めるのは私です、と言い切った安倍総理はまさに、日本株式会社のCEOは

自分であり、国会も司法も意思決定を遅らせる足かせとしか思っていないの

かも知れません。

「国民が反対しないのは、人口の過半数が会社員となり、

組織モデルとして株式会社しか知らないからである。

株式会社には民主主義も合意形成もない。トップがすべてを決めて、

経営判断の適否は従業員でなく、市場が決める。」


*確かに、株式会社ではCEOが最高意思決定者ではあるが、

昨今「株主総会、いわゆる株主」という存在、あるいは社外取締役といった

牽制機能をもたせてはいる。特に一次産業の凋落によって、賃金労働者

が都市に集中した戦後の成長期では、民主主義の実践(例えば、今回も最高

裁判所の判事の信任があるが、誰が誰やら、何をした判事なのか、面倒くさい。

いっそ、トップが決めてくれたら、それに従う、という方が簡単でいい、と思ってしまう。

江戸時代の、何かあると「お代官さま!」と判断することを委ねてしまう傾向の

日本人の特性でしょうか。

「集団的自衛権の関連立法の狙いは、『非常事態を宣言し、

行政府が立法府の権限を停止して、超憲法的にふるまうことができる』

仕組みを整備することにある。

安倍首相の憲法改正への動きに、アメリカは『NO』という意思表示を

したはずだ。やむなく改憲をあきらめた安部政権は、途中略  

改憲の名を捨てて実を取った」


 *日本がアメリカの同意なく独自の軍事行動をとれない、という中から

実利としての「特定秘密保護法」と「集団的自衛権行使」が浮かび上がって

きたようです。内田氏の意見「日本の憲法改正にアメリカがNOと言った、という

言い回しは、ほうとうなのか否か、マスコミから、評論家からも聞いたことのない意見です。

「『特定秘密保護法、集団的自衛権行使』という二つの『譲歩』

によって日本が得る『国益』は何もない。民主制の土台が崩され、70年間の

平和主義の蓄積が失われただけだ。」


「今回の選挙は『対米従属を通じての対米自立』

という方針を保持し続けるのかという外交戦略の選択であり、

『国家の株式会社化』という独裁制の進行を許すのかという政体の選択である。


*僕もない知恵を絞って、今回の選挙の『時代的本質』は何だろうと考えていました。

内田樹氏のこの意見に触れて、「なるほど思想家だ!と思うのであります。

雲行きといったのは、「なんだが本質的なこと、もっと大事なことをオブラートで隠し、

そのオブラートにあたるのがアベノミクスのように、思っていました。

なんか、すごくすっきりした。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

憲法

日本国憲法は戦後、米国が日本に押し付けた憲法である。
日本人の手で新たに制定しなければならない。
日本国憲法で削除すべき条項としては例えば18条、「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない」がある。
わが国に奴隷など存在したことがない。
にも拘わらず、突然、奴隷が日本国憲法に登場するのはまさにアメリカの価値観ゆえだ。
米国は奴隷解放を巡って南北戦争を戦い、リンカーンが有名なゲティスバーグ演説をした。
奴隷という表現はその演説に由来しているのである。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる