なんか、きな臭くなってきた

昨日、衆議院選挙に関しての思想家内田樹氏の新聞記事について、このブログ

で、僕の考えを書いてみました。

すると、コメント欄に見知らぬ方からの書き込みをいただきました。

僕ごとき、田舎のパバロッティのブログに、まったく知らない方からの書き込み

です。

驚くとともに、やっぱ、なんだかきな臭くなってきたな、と思います。

僕が生まれる20年ほど前、昭和初期の世の潮目ってこんなだった?

それが、僕の時代認識です。

以下がその方からのコメントです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
憲法
日本国憲法は戦後、米国が日本に押し付けた憲法である。
日本人の手で新たに制定しなければならない。
日本国憲法で削除すべき条項としては例えば18条、「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない」がある。
わが国に奴隷など存在したことがない。
にも拘わらず、突然、奴隷が日本国憲法に登場するのはまさにアメリカの価値観ゆえだ。
米国は奴隷解放を巡って南北戦争を戦い、リンカーンが有名なゲティスバーグ演説をした。
奴隷という表現はその演説に由来しているのである。
2014-12-10 08:54 共産党と社民党の消滅を望む URL 編集

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

憲法18条でいう「奴隷的拘束」と「奴隷」とは、ちょっと意味が違うと思うのです。

終戦後の当時、「奴隷的拘束」と言ったのは、日本全国に「赤線」がありました。

つまり、「公娼制度」が存在していたのです。

親の借金のかたで娘たちが赤線、売春宿に売られていた。

それを「奴隷的拘束」と表現したのではないでしょうか。

憲法制定の約十年後、昭和31年に「買春禁止法」ができ、全国の赤線地帯が

なくなり始めたのです。

コメントいただいた方の文脈から推測して、お若い方だと思います。

どこか、理屈が通っているようですが、押し付けられた見方、を感じます。

(違っていたらゴメンナサイ)

「アメリカから押し付けられた憲法」と決めつけるのでなく、日本語の

文章を作成したのは日本人であったと、というのが事実ではないでしょうか。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる