3兄弟




2015年10月11日 3男晶太の結婚式がホノルル”The Modern Hotel”でありました。

長男はシカゴから、二男は鎌倉から、そして僕たちは糸島の福吉からホノルルの集合です。

式の始まる前、ウェルカムドリンクでいい気分、男3兄弟が肩組んで、、、。

改めてよく見ると、右手奥に新婦”愛ちゃん”が不安そうにこちらを見ています、、、。

とてもいい結婚式でした。次回写真をアップします。

飛行機雲

      2015-08-09 016

2015年8月9日日曜日、午後3時30分。

糸島市二丈カントリクラブ14番セカンド地点。

真っ青な夏空に、西から東へ、グングングングン真っ白い飛行機雲が。

手前の稜線にはカラスとトンビが飛ぶ。

夏真っ盛りのゴルフ、海風が心地よく、終了後の冷たいビールが

楽しみ。

2015年福吉の夏

   2015-07-26 001

   2015-07-26 002

今年の福吉の夏は、天候不順が続いていました。

朝5時過ぎのナイルとの自転車ラン、ワ~オッ!!

久しぶりに、夏の朝の海です。

福吉漁港の防波堤には、既にたくさんの釣り人が。

昨晩からのフランス人のゲストは、28日(火)から山口県で開催される

ボーイスカウトの大きな大会に参加するために来日したようです。

決して有名な観光スポットがある福吉ではありませんが、とてもとても

気に入ってくれています。

僕たち日本人の「観光旅行」の考え方を改めてもいいのではないでしょうか。

旅行代理店のパック旅行から、自分で決める旅行、いい刺激を受けています。

 

「大阪では仕事したらいかん!」

   2015-04-24 003


平成27年4月16日、大学ゼミでお世話になった村田昭治先生が亡くなった。

私の人生で一番大きな影響を受けて、そしてお世話になった方でした。

いくつかの思い出を記して、はるかにご冥福をお祈りしています。

1、電通入社のきっかけ。

  私が電通の入社試験を受けたのは、村田先生のすすめによりました。

  大学3年から4年への春休み、熱海でのゼミ合宿で、ゼミ員全員との

  個別”就職面談”で、私はソニー志望でした。

  入社試験の結果が出て(予想通りNG)、村田先生の深沢の自宅を訪ね、

  報告し、次の会社について相談した時に、先生から「畑間君、他は受け

  なくていいよ、電通を受けてみろ」と言われ、結果的に電通の社員となり

  家人と結婚もでき、今日に繋がっています。

  (実はこの時点で、長兄が電通九州支社社員として働いていて、私の志望

   のなかには、最初から電通は除外していました)

2、卒業にあたって4年生最後の本ゼミでは、ゼミ員一人ひとりに、教壇で

  色紙を書いていただきました。それが、上の写真です。

  以来40有余年、私の心の奥にはいつも「集計人でなく合算人」という言葉

  がありました。

3、電通に入社して最初の配属は大阪支社でした。

 村田先生が関西で講演とか仕事で来阪の時、事前にはがきで連絡があり、
 
 「○月○日JAL伊丹着○時、迎えたのむ。」と暗号のような?達筆で書かれて

 います。読み解くのに何度も読み直し、推測します。

 ある時、お得意先の方から「はがきになんて書いてあるか、わからない。

 読んでくれない。」と依頼されたこともありました。

 当時、村田先生は毎朝4時に起きて、届いた手紙全てを読み、その時

 すぐに返信を書いていました。ですから、1枚のはがきを書くのに、猛スピード

 です。結果、達筆?難筆?で有名でした。

 伊丹でお迎えして大阪市内へのタクシーの中で、言われた一言が

 「大阪では仕事してはだめだよ。仕事出来なければ、東京へ早く戻れるから、

 できるだけ仕事しないようにしなさい。」と言われたのです。

 この一言は、結果的に守られませんでした。

 「目の前の仕事に全力を傾けること」、こそが電通人の本分だと思います。

 結局、本社に戻るまで17年を要しました。5年程度で本社に戻っていたら?

 いまはどうなっていたか?

4、東京本社に戻ってからは、家人ともども何度かゴルフをご一緒させて

 いただきました。家人への一言、「啓子ちゃん、ゴルフのスィング中は、死んでも

 ボールから目を離さないこと」には感謝しています。なるほど、”死んでも”の表現

 に村田先生らしさが、とてもよく出ていると思います。

安らかにお休みください。

 

2015年福吉の春

   2015-04-12+001_convert_20150413113732.jpg
太陽が顔を出した、日曜日の昼下がり。

ナイルのトイレランで、福吉漁港に出かけました。

いつもは漁船が係留され、天然鯛や鰆などが水揚げされる岸壁で、

釣りを楽しんでいる家族に出会いました。

ワンボックスカーで家族釣り、長男、次男と末っ子が女の子、

子どもたちはみんな、ライフベスト装着!

我が家の西宮時代を思い出しました。

よく、淡路島に釣行したもんです。

夜釣りで朝まで釣りなんかしょっちゅうでした。

でもって、お声を掛けて奥さんの携帯で記念写真を撮ってあげました。

きっといい思い出の写真になると思います。

「子どもと一緒にどこいこう?」ホンダステップワゴンの名コピーが、

浮かんできました。

代わりに、僕の携帯でもパシャ(笑い)させていただきました。

釣れましたか?の問に、次男が「僕だけ連れたよ」と答えてくれました。

ボラが次男にかかったようです。

いいひとときでした。

    2015-04-12+016_convert_20150413113859.jpg
糸島市は天然鯛の水揚げで、全国一だそうです。

ここ福吉漁港では、5月から12月が天然鯛の「吾智網漁」です。

そこで、漁の始まる前に、漁船のクリーニングです。おやじと息子、

高圧洗浄機で、スクリューと船体の傷んだ箇所を洗い流していました。

     2015-04-12+020_convert_20150413113948.jpg
広場では、漁に使う漁網の修理です。

いよいよ、あと半月で、活気ある天然鯛福吉の漁が始まります。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
hakapabaフォローよろしく。
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

hakapaba

Author:hakapaba
◆小倉で生まれて、小学校と大学は東京。
大阪で17年、東京で17年、広告会社の営業一筋。
07年夏から博多住まい、2011年6月退社し、家人の実家の医療法人の経営を手伝い、2015年4月から年金生活へ。。自宅は福岡市の西、唐津に近い糸島市福吉。海まで3分、山も近く、水も豊か。昭和7年建築の古民家を改装して、愛犬2匹とEnjyoy Country Lifeです。

人は心を一つにできたら、想像以上の成果がでると信じています。

北風よりも太陽が好き。

■モットーは

Something New にチャレンジ

◇もっと詳しく、興味あるひとは
カテゴリー「人」へどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる